海の上はもう国外!?船上カジノ

日本と上海を結ぶカジノ船「オーシャンローズ」
長崎県のハウステンボスの子会社「HTB」が運営しているカジノ船オーシャンローズでは、日本と上海を結ぶ航路上でのカジノを合法的にプレイすることができます。
それまではラスベガスやマカオ、少なくとも韓国まで行かなければ遊べなかったカジノが、もっと近場の海上で遊ぶことができるのです。
それというのも、ハウステンボスではカジノ解禁後の誘致を目指しており、それを睨んでのカジノ運営だというのです。納得の理由ですね。

■カジノ船で練習から本格勝負まで!
バカラなどのテーブルゲームのルールならば、インターネットで検索すればすぐ調べることができます。しかし細かいマナーやプレイ中の空気などまで知ることはできず、実際に体験しなければわからない部分は大きいものです。
そんなカジノ未経験の方にとって、カジノ船でのプレイは貴重な経験となるでしょう。初勝負がラスベガスやマカオでは、空気に飲まれて全く振るわないというケースも少なくないようです。
また、海上のカジノとはいえ、現地にも劣らない正式なカジノです。そんな近場でパチンコやパチスロでは経験できない大勝負ができるのですから、遊び場として十分な魅力があります。