今や筆頭のマカオカジノ

収益はラスベガスの数十倍!? 中国マネーの強大さ
マカオのカジノが稼ぎだすお金は、ラスベガスの数十倍もあると言われています。とても興味深いのは、その収益の大部分が「中国の富裕層」からの売上という点です。
もちろん一般の観光客も多く訪れているカジノですが、それらをいくら積み重ねても届かないほどの巨額を、ごく一部の中国人が落としているのです。中国の富豪ぶりが、マカオにそのまま現れているといえるでしょう。

■回収の達人「ジャンケット」の存在
カジノの運営側に求められるのは、綺麗なプレイルームだけではありません。賭け金の支払いを可能な限り簡単にしておくのも必要なサービスなのです。
カジノへお金を預けておくことで、利用者は手ブラでもギャンブルを楽しむことができます。
マカオカジノのジャンケットは、そんなお客のニーズに隅々まで対応してくれるのです。例えばお客が持っている持ち家や土地、ビルなどの資産を把握し、それらを担保に賭け金を捻出する、などの手厚いサポートを受けることが可能です。
負けてしまった場合にはもちろんしっかり回収されてしまうことになります。シンガポールなどジャンケット不在のカジノでは、収益分を回収できないケースも多く、ジャンケットの役割は大切ですね。