初心者お断り?危険度抜群のバカラ

どっちが勝つか? 勝敗を予想するゲーム
バカラは単純ですが、他のゲームに比べるとルールがやや特殊です。カードの一桁目のみに注目し、その合計が9に近い方が勝ちというもので、日本でいうオイチョカブに似ているかもしれません。

しかし特殊なのはここからで、テーブルに座っている客が何人いようと、カードが配られるのは「バンカー」「プレイヤー」という架空の人物2名のみです。
この2名のうちどちらが勝つかを予想し、プレイヤーはチップを賭けることになります。ディーラーもプレイヤーも、技術は一切関係がなく、限りなく平等な条件での勝負が可能なのです。

■控除率の低さが好まれる理由
全てのギャンブルには「控除率」というものがあります。どう平等に見える勝負であっても、ディーラー側が有利になれるよう作られていますが、バカラは他のどんなゲームよりも控除率が低く設定されています。

バカラでは「バンカー」側がほんの僅かに有利になっています。そのためバンカー側に賭けて勝てた場合には、そのうち数%程度をカジノへ支払うことになります。
5%程度が一般的ですが、2.75%のときに控除率は0%となり、それを下回ってしまうとカジノ側の儲けは一切無くなってしまいます。

そんなギリギリの条件による対等な勝負で、賭け金の上限無しで倍々に増やしていけるゲームがバカラです。しかし場の空気に慣れていないと、周囲に流されあっという間に丸裸にされてしまう恐ろしいゲームでもあるのです。
あの製紙会社の元会長がハマったゲームもバカラでした。プレイする場合は十分に気をつけましょう。