手軽さではナンバーワンの韓国カジノ

「大小」などの見慣れたゲームで安心して遊べる
カジノといえば、ルーレットやバカラなど全て英語表記です。難しいことを書いているわけではないものの、不安は尽きません。
しかしアジア圏のカジノでは、「大小」という見慣れた文字のゲームで遊ぶことができます。サイコロの出目の合計が大きいか小さいか、また出目のパターンを当てるというもので、ルーレットに近い楽しみ方ができるゲームです。

■「江原ランド」にみる失敗例
韓国カジノのうち、ただひとつ「江原ランド」だけは、韓国人の入店が可能なカジノとして知られています。しかしこの周辺は治安が悪くなっていることでも有名で、日本人は近付かない方がよいでしょう。
熱狂しやすい韓国人の性質が災いし、ギャンブルにのめり込み過ぎて破産してしまう人が後を絶たないというのです。江原ランドの周辺には、破産してホームレスとなってしまった人が多く、窃盗などの犯罪も少なくないのです。
カジノ解禁に向けて動いている日本でも、カジノの失敗例として江原ランドには注目しています。特に日本では、すでにパチンコ依存症などが問題になっている土地柄でもあるため、特に慎重なようです。
江原ランドはギャンブルに集中できるような環境ではないため、ソウルなど市街地にある安全なカジノで遊ぶようにしましょう。