国内でギャンブルをするなら?

儲かるギャンブルを判断するための「還元率」とは?
全てのギャンブルは、必ず胴元である運営サイドが勝つことになっており、全ての客が賭けた金額の何割かはお店側の収益として残ることになります。そうでなければ賭け事が成立せず、サービスを行う店員もいなくなってしまいます。
賭けられたお金のうち、一部の勝利した客の手元に入るお金の割合を「還元率」と呼びます。この還元率の高い賭け事が、もっとも儲かるギャンブルだと言えるわけですね。別名「ペイアウト率」などと呼ばれることもあります。

■各ギャンブルの「還元率」は?
もっとも還元率の低い賭け事は「宝くじ」です。その還元率は45%程度であり、買われた宝くじの収益のうち半分以上を胴元が抑えているわけです。その他、競馬や競艇は75%、パチンコは80%程度となります。
そして一般的なカジノの還元率は、ゲーム内容によって前後しますが、おおむね95%~98%あたりとなります。「プログレッシブ・ジャックポット」と呼ばれる、賭け金が積み立てられていくタイプのスロットマシンでは、還元率が100%を超えている場合すらあるのです。

パチンコや競馬で負けて悔しい思いをした経験は、誰にでもあるでしょう。しかしカジノに比べると還元率がとても低いため、負けてしまうのは当たり前です。
実をいえば、還元率が90%を下回るようなギャンブルでは勝てる見込みがありません。どうせギャンブルをするならば、儲かることを念頭に置いて楽しみたいものですね。