カジノで遊べるゲームとルール

絵柄が揃えば当たりの古典的ゲーム
チェリーやオレンジ、「BAR」や「7」の絵柄が描かれたドラムが回転し、絵柄が揃えば大当たりの古典的なゲームがスロットマシンです。コンピューター技術が発達した現在では、マシントラブルの少ないビデオスロットが主流となっています。
日本で親しまれているパチスロの場合は、当たり目かどうかを判断する知識に加えて、目押しの技術が必要となります。当選していたとしても、それに気付くことができなければメダルを手にすることができませんが、ビデオスロットは単純明快で、そのままチップが払いだされます。

■絵柄の由来って何?
スロットマシンでよくある絵柄には、由来があるのをご存知でしょうか?
スロットマシンは歴史が古く、ギャンブルマシーンでなくガム販売機だと主張するために、ガムの自動販売機としても使われていた経緯があります。
当時のガムのフレーバーとして「チェリー」を始めとしたフルーツと、ガムのブランドマークとして「BAR」が使われていたのです。
チェリーは小役の絵柄として残り、それ以外は役の大きさがわかりにくいためか、あったりなかったりするようです。
「BAR」は、由来を知らなければ意味不明の絵柄ですが、それでも7に次ぐ大きな役として、今でも親しまれています。

スロットやるなら「プログレッシヴ・ジャックポット」を狙え!

すべてのギャンブル運営に共通する鉄則として、「客へ払い出す賞金は、それまでに賭けられ金額を越えてはならない」というものがあります。カジノを運営する費用を手元に残す必要があるので当たり前ですが、それが通用しない「儲かりすぎるスロット」があるのをご存知でしょうか?
賭け金を全額払い出し!? 「プログレッシブ・ジャックポット」とは。
本場のラスベガスや、オンラインカジノで遊ばれているビデオスロットの中には、「プログレッシブ・ジャックポット」を搭載したマシンがあります。
今までに遊んできたプレイヤーの賭け金すべてが、ジャックポット時の当選金として積み立てられているビデオスロットであり、もしもジャックポットを的中させることができた場合は、億単位のお金だって手にすることができるのです。
プログレッシブジャックポットは賭け金全てを払い出してしまうため、お店側からすれば儲けにはならないのです。スロットマシンを遊ぶなら、そんなお得な台を選びたいですね。

■およそ22億円の当選!? ギネスにも載った「メガフォーチュン」
ビデオスロットゲームの「メガフォーチュン」では、大当たりとして22億円が払い出されたことがあります。当然ながら歴代最高の額で、ギネスにも掲載されていることで有名です。
そんな大当たりは雲を掴むような話ですが、10万円や100万円などのおこぼれ程度なら、当てることができるかも…?
オンラインカジノでは、多数のビデオスロットがありますが、ジャックポットのあるゲームを選べば良いことがあるかもしれませんね。